年越し蕎麦について

年末に食べる蕎麦にはご利益があるかも

December 19th, 2020

日本には一年に様々行事があります。
そしてイベントには結構な確率で行事と関連する食べ物が登場します。

例えば
お正月→オセチ料理
ひな祭り→ちらし寿司やひなあられ
十五夜→白いお団子

とにかく食べ物が登場します。
また同じように年末にも年越し蕎麦が登場します。

もうすぐ年末なので年越し蕎麦について話します。

年越し蕎麦は大晦日に食べる蕎麦のことです。
江戸時代あたりに定着したと言われています。

食べる意味(御利益)は
・蕎麦は切れやすいので「不運を断ち切る」という説
・細長く伸びているので「長寿」を願う説
・金細工師が散らばった金を集めるにそば粉を使っていたので「金運アップ」説
など様々な説があります。

食べると御利益がありますよ!
ってことです^^

(話がそれますが
9000年以上前の高知県内の遺跡から蕎麦花粉が見つかったため
当時から栽培されていたのでは?
と言われています。
なので大変歴史の古い食べ物ということになります。)

年末には良い蕎麦を食べて
来年も良い一年にしたいですね

以上!
そばについてでした。


TAG

Finance / Wine / ART / Food /
Health & Beauty / History / Coffee / Cocktail /