グラスホッパーとピスタチオ

グラスホッパーの名前の意味とは‥?

January 10th, 2021

私は友人とよく都内のとあるバーを利用します。
そこではお通しとして必ずピスタチオがでてきます。
ですので私と友人は普段からそのバーを、愛着を込めて
「ピスタチオ」と呼んでいます。

ピスタチオの2階にはカウンターがあり、
バーテンダーはそちらでカクテルを作っています。
3階には横向きになれば寝そべることのできるようなサイズのソファーがあり
ヤシの木のような植物や暖かみのある照明が南国の雰囲気を醸し出しています。
バーテンダーもそんな店内の雰囲気とよくマッチした
アロハシャツを着ており、ピスタチオを訪れるとまるで旅行をしたかのような
気分になります。

     

私と友人は既にピスタチオの虜になり
ふと飲みに行きたくなった時には決まって
「とりあえず、ピスタチオ行くか」
という言葉が出る程です。
それ程私たちにとっては欠かせない存在のバーなのですが
たった一つだけ、私たちにとっては大きな問題があるのです。

それは友人の大大大好きな
グラスホッパーが提供されていないことです。

ですので残念ながら、残っっ念ながら
友人がグラスホッパーを飲みたくなった場合は別のバーへ移動しているのです。

最近は今流行りの感染症の影響により
私と友人の間でもオンライン飲み会が定番になりました。
行きつけのバー、ピスタチオの影響か
オンライン飲み会の場であっても私たちはピスタチオを口にする事が
お決まりになりました。

そこで今回はグラスホッパーとピスタチオについての豆知識を
ご紹介します。
ではまずは友人の愛してやまないグラスホッパーから‥

ご存知かもしれませんが
グラスホッパーはミントリキュール、カカオリキュール、生クリーム
から作られています。
さっぱりとしていてほんのり甘く
チョコミントファンなら好きな味わいのお酒であるに違いないでしょう。
グラスホッパーという名前は英語で「バッタ」「キリギリス」という意味で
花言葉ならぬ、カクテル言葉(象徴的な意味)は
「喜び」です。
好き嫌いの分かれるカクテルですが
ミント好きの方には是非とも飲んでいただきたいカクテルです。

     

続きましてピスタチオの豆知識をご紹介します。
ピスタチオはナッツの女王と呼ばれています。
産地は主にイランが50%を占めており
ピスタチオ好きの私はイラン様に頭が上がりません。
イラン様ありがとうございます。
ピスタチオといえば殻がついている事が多いと思いますが
実は品質を保持をするためといった、しっかりとした理由があるのです。
個人的には殻を剥く作業自体が好きで
殻剥きにエンターテイメント性を感じちゃいます。むきむき楽しいです。

     

以上、今回はグラスホッパーとピスタチオについてでした。

次回もFaust Blogではちょっとした豆知識をご紹介してまいりますので
是非またお越しください!

     

P.S.
行きつけのバー、ピスタチオにグラスホッパーが提供されるように
オーナーさんに媚びを売っていきたいと思います。

     

(編集 MPiyo)

     

TAG

Finance / Wine / ART / Food /
Health & Beauty / History / Coffee / Cocktail /